ベルセルク :髑髏の騎士 AF

写真1 ガッツやキャスカ、その他ガッツに関わる人々がピンチに陥ると、どこからともなく颯爽と現れて難から救ってくれる謎のヒーロー、髑髏の騎士のアクションフィギュアです。
私が所持しているのは「ノーマル版」ですが、他に「限定版」、「アイアンシルバー版」もあります。

アクションフィギュアと言っても可動箇所はそれほど多くなく、自由度は殆どないので、直立不動の状態で飾るのが正解のようです。
写真2 可動箇所は、首、両肩、両肘、左手首、腰、両足首です。
茨の剣と盾は取り外すこともできます。
付属品として円形の台座が一つ、足裏のくぼみに台座の突起をはめ込んで固定、飾ると言うものです。
マントの荒々しい&おどろおどろしいイメージ、持つ場所を誤ると痛いくらいのトゲト感、筋骨感溢れる鎧と手に持ったときの重量感はとてもよいです。
敢えて難点を言うなら、材質の特製で、温度や湿度などの条件によって、特に剣と足首がゆがんでしまうことですね。まあ、歪んだ剣も世の理に反している感じでよいのではないかと。
同社製の髑髏の騎士・騎乗版スタチューがとにかくカッコ良くて、本当はそちらも欲しいのですが、お金が。。。