ベルセルク :ガッツ 鷹の団 AF

写真1 ベルセルクの主人公、ガッツの黄金時代編における鷹の団・斬り込み隊長時仕様の造形です。
黒の剣士バージョンと違い、股関節がV字にパーツ分けされているので、大腿を前後に動かしても違和感がない作りになっています。
写真2 頭部は差し替えで兜装着状態にもでき、面の開閉が可能。
マントを取り外すことも可能ですが、マントを保持するための大きめの穴が鎖骨の辺りにあるので、写真では剣を背負うためのベルトで隠しています。
で、当然大剣を背負うことも可能。
写真3 サイド&リアビュー。
大剣を担ぐためのベルト一式は合成革で質感が良いです。
左腕の手甲は固着していないので位置を変えることも可能(回転のみ)。
写真4 別バージョンでマントの色違い(赤・緑)もあり。
腰に装備したナイフを抜いて持つこともできます。
写真5 鷹の団の命運の転機といえば、なんと言っても不死者(ノスフェラトゥ)ゾッドとの邂逅。そして図らずもガッツとゾッドは宿命のライバルに近い不思議な関係になっていくわけで、せっかく両方のAFを持っているんだからぜひ対決シーンを再現、したかったんですが、凝った背景を作るのが面倒くさくなってこの体たらく。。。キャラクターの影がないし、そもそもゾッドは千年帝国の鷹篇のものだし。。。
うーん、使徒バージョンのゾッドが欲しい。。(入手困難ですな)